国語には悩まされる

国語の指導方法についてはいつも悩まされています。

どんな悩みかというと、毎年一定の割合で、文章を読まずに問題に取り組もうとする生徒がいるのです。国語の場合、正解はほぼ本文中にあるはずなので、それを読まずに問題を解こうとしてもなかなか正解には辿り着かないと思うのです。

いつも口が酸っぱくなるほど「まずは本文をきちっと読もうか。」と言っているのですが、次の瞬間には読まずに解こうとしています(棒線部の前後だけ読んで解こうとするのです)笑

他の科目はとても良い点数を取ってくるのですが、国語だけが足を引っ張っている生徒も少なくありません。

ここにこんな事を書くのは恥ずかしいのですが、「どうすれば文章を読んでくれるのか?」私にとってはなかなか解けないパズルのように感じます。

私はおそらく根っからの理系なのですが、学生の頃から国語は割と得意でした。それは文章を丁寧に読んでいたからに他なりません。

どうか生徒たちも文章を丁寧に読んでほしいです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

親友